×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

当サイトについて
滑舌とは、役者にとって永遠のテーマです。私は以前、役者を志し、現在は裏方をしています。表に出る立場とは変わりましたが、滑舌の重要さは、痛いほどわかります。表と裏の両方を経験した、私ならではのアドバイスができればと思い、サイトを作成いたしました。ご参考になれば幸いです。

WELCOME TO 「滑舌トレーニング法」へ


スポンサードリンク


滑舌と聞いて、ピンときますか?役者・声優・歌手・アナウンサーなど、表舞台に立つことを夢見ている方は、当たり前のように知っていると思います。それ以外の方は、滑舌と聞いても、イマイチわからないかもしれません。表舞台に立つ方は当たり前のように、違う方も、ぜひマスターしていただきたい、マスターしていた方が便利なスキルです。

滑舌は人に物事を伝える時に、必要になるスキルです。

■人に何も伝わらない。
■何を言っているかわからない。
■短時間で多く話せない。
■言葉にメリハリがない。
■物事がクリアに聞こえない。
■声が遠くに届かない。
■言葉を噛んでしまう。
■舌がまわらない。
■大きな声が出ない。
■言葉に 自信がなく聞こえてしまう。

など、改善をされたい方に適切なスキルです。

日本語は、「ひらがな」「カタカナ」「漢字」「ローマ字」などが組み合わさった難しい言葉です。知っている言葉・簡単な言いやすい言葉は、噛まずに言えるかもしれません。難しい・言いにくい言葉は、どうでしょうか?

本を読むのに必死で、心が入っていない言葉。それでは、何も伝わりません。台詞・プレゼンなど言葉の使いどころは沢山あります。

表舞台に立つことを目指している方には、必要最低限のスキルです。表舞台の仕事をされていない方も、滑舌だけで、自信の見せ方・説得力が違います。

どこに行っても恥ずかしくない滑舌を確実にマスターしましょう。

※「オーディションに合格!!」
オーディション対策用のサイトです。業界人から見た、オーディションの合格の仕方です。オーディションの合格率を上げましょう。